So-net無料ブログ作成
検索選択

女子学生、男性として卒業=性同一性障害の2人−山梨県立大(時事通信)

 山梨県立大(甲府市)が、性同一性障害の女子学生2人に対し、男性名で卒業証書を授与していたことが26日、分かった。同大によると、2人は入学直後から自分の心と体が乖離(かいり)した状態で、女性であることに違和感があると大学側に相談していたという。
 同大は昨年12月の評議会で、男性として卒業したいという2人の希望を尊重することを決定。25日に行われた卒業式に2人は男性用スーツ姿で出席、入学時とは異なる名前で呼ばれ、卒業証書を受け取った。 

【関連ニュース
性同一性障害手術訴訟で和解=慰謝料330万、改善点も通知
嫡出子認定、判断先送り=性別変更者の人工授精
「男子」で通学、学校認める=性同一性障害の中1女子
嫡出子認定を千葉法相に要請=性同一性障害の夫
在校途中から「女児」に切り替え=性同一性障害の小2児童

中井氏に厳重注意=平野官房長官(時事通信)
国宝・姫路城「見納めの春」スタート 大修理控え1時間早く開城(産経新聞)
日銀審議委員ら 参院で人事同意(産経新聞)
細菌性髄膜炎のワクチンの定期接種化などで要望書(医療介護CBニュース)
「日米同盟揺るぎなく継続」首相が防衛大卒業式で(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。